パーキンソン病を治療

パーキンソン病とその治療

パーキンソン病の治療について

パーキンソン病は、脳が出す運動の指令がうまく伝わらず、スムーズに動けなくなる病気です。「安静にしている時に手足が震える」のが特徴です。日本全体では10万人以上の患者がいると推定され、発病年齢は50〜60代が最も多いと言われています。高齢化社会を迎えるにあたって、今後ますます患者数は増えるでしょう。パーキンソン病の治療には幾つかの方法があります。まず薬物治療は、原因である不足したドーパミンを補うことで、症状を緩和します。リハビリテーションは、症状の軽減や苦痛の緩和に有益です。

↑PAGE TOP

Copyright © 病院のキホンを知っている. All rights reserved.