病院の学びを深める

病院の基本を知りたい

病院宛の文章について

病院全体に宛てた文章を記述する場合には、「貴院」という言葉を使用します。そこで働くスタッフ全員と、施設等に対する敬意を示す言葉として大変重要な表現です。また医師個人に対しては「先生」という敬称を、看護師に対しては「さん」付けが一般的です。病院での勤務を希望し、履歴書を送付する場合は、添付文書の書き出しに、「貴院にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます」という一文をつけることがマナーとされています。もちろんビジネスや商談の場面や、入院していた患者が治療のお礼を出す場合にも同様の例文を参考にすると良いでしょう。

病院への書類で貴院と書けば安心

病院への書類で就職を目指す方が何と書いて良いのか迷ってしまう場合があります。会社であれば「御社」と書けば良いのですが、医療機関で「御院」「御医院」というのはやや抵抗があるのは、馴染みがない言葉だからです。そのためには、病院への書類での文面では、「貴院」と書くか「貴医院」の方が適しています。「貴」というのは、相手への尊敬の念を込めている言葉として使われるので、へりくだっている自分を表現できるので適切な言い方になります。迷った際には、このような書き方をすれば問題なく使えるので、安心して書くことが出来ます。

↑PAGE TOP

Copyright © 病院のキホンを知っている. All rights reserved.